十和田湖西湖畔の高台に佇む、十和田の風景を全客室からお楽しみいただけるホテルでございます。

ご宿泊日
から
ご宿泊日数
ご宿泊人数
/室
部屋数
検索方法
宿泊プラン別
部屋タイプ別
価格順に検索
  • 新規会員登録
  • 予約確認・変更・キャンセル
 

十和田ホテルの歴史

   
 十和田ホテルは、国際情勢の緊迫などで幻となった昭和十五年の東京オリンピックを前に、日本を訪れる外国人観光客のための宿として、政府の要請で建てられたホテルのひとつであり、秋田県が昭和十一年に着工、十三年に完成し,十四年にオープンしました。
 
 
 当時、秋田・青森・岩手の三県から宮大工八十名を集めて技術を競わせたと伝えられていますが、日本三大美林の天然秋田杉の巨木を巧みに配した木造三階建てで、外壁は杉の半丸太を張りつめています。
また、各部屋の床の間、天井、格子戸などの意匠も一つ一つ異なり、それぞれが違った趣と表情を見せています。さらに、どの客室からも十和田湖を眺望することができ、あたかもホテルの庭であるかのようなたたずまいとなっています。

設計は日本大学工学部土木建築科教授であった、長倉謙介氏により行われました。 長倉氏は十和田ホテル建設のためヨーロッパ視察にも出かけたといわれ、その成果が北欧の山荘を思わせる外観によく現れています。様々な工夫を凝らした「木」の趣は、いまなお学ぶべきものがあり、文化財的価値も高いといえます。
 
 第二次世界大戦後、一時、米軍に接収されましたが、昭和二十七年に秋田県が買い戻し、三十四年からは秋田県観光公社が運営に当たりました。
昭和三十六年秋田国体に際しては、昭和天皇、皇后両陛下にご宿泊賜り、また各皇族方をはじめ吉田茂元首相やライシャワー元駐日大使など、数多くの各界知名人にご利用いただいています。
建築後七十有余年を経たとはいえ、樹齢の長い杉材を主体とした建物本体は頑丈そのものであり、逆に年を重ねるごとに磨きがかかってきています。特に、柱に使われている丸太はますます独特の光を放ち、訪れる人々に驚きと感動を与えて、木造建築の真髄を語るにふさわしい建物といえます。
平成十年に、風雪による外壁の老朽化と陳腐化した機能の大改修を終え、日本の伝統を生かしながらも居心地のよいホテルとして営業を再開しました。日本で最も美しい湖の畔で歴史を刻む十和田ホテルは、いつまでも当時の美しさを失うことなく、来たるべき百周年、二百周年へと限りなく「伝統ある歴史」を作っていくことでしょう。
十和田ホテル
〒018-5511
秋田県鹿角郡
小坂町十和田湖西湖畔
TEL.0176-75-1122
FAX.0176-75-1313

───────────────
客室数 全50室
チェックイン……15:00
チェックアウト…10:00
───────────────
 

<<十和田ホテル>> 〒018-5511 秋田県鹿角郡小坂町十和田湖西湖畔 TEL:0176-75-1122 FAX:0176-75-1313